足がつる原因は水分とミネラル不足だけ?寝ていると足がつる理由と対策


寝ているときに足がつる症状は、多くの方が経験されていますが、なにが原因で起こっているのでしょうか?足がつる(ふくらはぎなどの筋肉の痙攣)の原因と対処法についてご紹介いたします。

 

夜、寝ているときに突然、足がつって激痛で起きてしまったことがありませんか?

 

眠気もあるので何とか寝たままストレッチしてみたり、ふくらはぎなどつっている筋肉を押さえてみたりすると思いますが、一旦、痛みが治まってもまたすぐにつり始めて、なかなか治らないものです。

 

あまり長時間つった状態にしてしまうと、今度は筋肉にシコリのような後遺症が残り、これがまた再発の要因になってしまいますし、歩行などの日常動作でも痛みを感じるようになってしまいます。

 

では、どのようにすると良いのでしょうか?

 

寝ているときに足がつったときの対処

 

実は寝ているときに、ふくらはぎなどがつった場合は、「とりあえず頑張って起きて立つ」と寝たままでストレッチやマッサージをするよりも比較的早くなおります。

 

つっている場所がモモ裏の筋肉(ハムストリングス)などだと、立つまでが結構大変ですが、つったところを手で押さえながら、慎重に速やかに立っていただくと、つりの収束がスムーズに進みます。

 

足のつりを予防するには水分とミネラル不足解消とストレッチ

筋肉のつりは、神経の誤動作で起こっていると言われています。神経系が正常に働くためには、水分やミネラルなどが必要ということは、よく言われていますので、ご存知の方も多いと思います。

 

しかし、寝る前に水分とミネラルととっているのに、つってしまうとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

それは、ふくらはぎなどの筋肉の疲労により筋肉の緊張状態が解消されていないことが原因と考えられています。

カーフの筋肉

水分やミネラルが正常に細胞に行き渡るには、血液循環が良くなくてはなりません。筋肉の緊張が残っていると筋肉内の血管は狭まることになり、血液循環が悪くなります。

 

ですから、血行を良くするために、寝る前にストレッチで筋肉を緩めることを丁寧におこなうと良いのです。

 

もっと効果的なことはありませんか?

 

ストレッチもやっているけど、それでも「つる」という方は、キネシオテーピングもおススメです。

キネシオテープ5cm幅を四つ股に切り、踵からふくらはぎにかけて、テープは引っ張らずに貼ります。

 

ポイントは、つま先を立てて足首をしっかりストレッチした状態で貼る事です。筋肉や皮膚を突っ張らせて貼ることで、戻した時にテープがたわみ、皮膚を少し持ち上げるような効果が得られます。

 

表皮を持ち上げることで、各組織間に隙間ができて、血管やリンパ管の狭まりが解消されますので、筋肉の疲労が速やかにとれてきます。

 

貼った直後に、ふくらはぎの筋肉が柔らかくなることでテーピングの効果が実感できます。そのまま一晩貼っておくと朝には、ふくらはぎがプニョプニョになっていることでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

以下のリンク先で購入できます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

横須賀整体 岡田
代表 岡田雅昌

お問合せはお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

メール予約は24時間対応です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。
メールアドレスの間違いやパソコンからのメール拒否(特にezweb.ne.jpはメールが戻ってくることが多いです)で返信できない状況が増えていますので、
お電話番号もこちらにご記入することをおススメいたします。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

当整体スタジオには長年の指導経験により蓄積された
カラダのバージョンアップや痛みの改善のノウハウがあります。
ご安心してお申し込みください!!
横須賀整体スタジオの料金の詳細とご予約は画像をクリックしてください。

横須賀整体のヘッダー

おススメの記事

  • 「足底筋膜炎の原因とセルフケア・整体アプローチ」治りにくい潜在意識的な要因「足底筋膜炎の原因とセルフケア・整体アプローチ」治りにくい潜在意識的な要因 マラソン人口の増加に伴い、足底筋膜炎(腱膜炎)を発症する方が増えています。足底筋膜炎は、足の裏の筋膜や腱膜におこる痛みの総称です。  […]
  • 腰の痛みを自分で治す方法腰の痛みを自分で治す方法 腰痛の改善方法腰痛の原因は初期の段階では筋膜性のものがほとんどです。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症など診断名がついている症状でも、できる範囲でストレッチなどを行うことで辛ーい腰痛を軽減することはできます。それでは、早速、腰痛ストレッチをご紹介していきましょう!!★ 目次1.反ると痛い腰痛、脊柱管狭窄症や腰椎分離症、 […]
  • 「慢性的な腰の痛みはマッサージでは治りません」筋膜リリース・腰痛の原因「慢性的な腰の痛みはマッサージでは治りません」筋膜リリース・腰痛の原因 腰の痛みは腰のマッサージでは治りません。これはたくさんの方が経験的に知っていることなのではないでしょうか?本当に根本的に治すには、「痛いところが悪いところ」という思い込みを外す必要があります。 普通のマッサージでは施術しない腰痛の隠れた原因筋こちらのイラストをご覧ください。これは人間のカラダをお腹側から見たところです。 オレンジ色になっているところが、筋肉 […]
  • 「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法 腰の痛みは、腰に問題があるわけではないことがほとんどです。一般的には、腰の痛みで病院にいくと、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどと症状名がつきますが、整体では全身の筋膜の歪みが、腰に感じている状態ととらえます。 「脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが原因で神経が挟まれて腰が痛い」と思い込んでいることが多いのですが、神経が挟まれても筋肉の麻痺やしびれが起こるだけで、痛みを起こ […]
  • 「足の痛み・膝の痛みを改善するための上脛腓関節の調整法」 「足の痛み・膝の痛みを改善するための上脛腓関節の調整法」  横須賀整体スクールの岡田です。パーソナルトレーナーやセラピスト向けに情報を配信しております。 すこし機能解剖学など専門的なことを書いていますが一般のスポーツ愛好家の方もご興味があればお付き合い頂けると嬉しく思います。 足首の可動性が制限されることにより、膝関節など上位の関節の負担が増加しているケースはとても多くあります。 また、スポーツパフォーマ […]
  • 「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜 肩こりや腰の痛み、膝の痛みで、マッサージや接骨院や整形外科に通っているが、そのときだけ楽になるけど全然治らないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。 これは痛いところを直接、施術して痛みを一時的に散らしている状態で本当の原因に対処できていないから治らないということが考えられます。 人間のカラダは、常に最良の状態になるように生命エネルギーが作用しています。&n […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です