「腰が痛い!骨盤矯正で治る?」腰の痛みストレッチ


腰痛の原因は、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・脊椎分離症・脊椎すべり症・坐骨神経痛・梨状筋症候群などが考えられますが、近年、骨の変形だけが痛みの原因ではないことが分かってきています。

横須賀整体スタジオの岡田です。

この記事では、腰の痛みのための簡単な骨盤矯正ストレッチを紹介しています。

 

腰痛の症状は、じっと立っているだけで、腰からお尻の筋肉に鈍い痛みがでてきたり、歩いていると脚の裏側や外側にかけて痛みが足のほうまででてきて、休まないと長時間歩くことができないなど様々です。

 

これらの症状は背骨のすき間が狭くなっていて神経を挟んでいるからでていると説明されてきましたが、神経症状は、麻痺やしびれが主なものですので、痛みに関しては違う原因が考えられるのです。

 

腰の痛みの原因で考えられるのが、腰やお尻、大腿部~ふくらはぎにかけても筋膜性のもの、仙腸関節の動き過ぎや引っかかりなどの関節の機能不全です。

これらの腰痛の原因と考えられるいくつかの要素は、単独で起こっていることは少なく、大抵、複合されて起こっています。

 

例えば、骨盤を構成する腸骨と仙骨の関節である仙腸関節の異常があるとしても、骨の変位がある場合、その周囲の筋膜のテンションのバランスの不均衡も当然起こっているのです。

 

この状態は一般的に「骨盤の歪み」と呼ばれているものになります。

 

骨にアプローチすることは一般の方には難しいと思いますが、筋膜のテンションの調整でしたら比較的簡単にできますので、良くある骨盤の歪みのケースからセルフケアの方法までご紹介したいと思います。

 

良くある骨盤の歪み

 

立っているだけで痛みが出てくる腰痛の場合、骨盤が前傾しているケースが多いようです。

 

この状態はいわゆる反り腰と呼ばれるものです。このとき、腰の筋肉はガチガチに緊張しているのに対して、下腹部は逆に緩んでしまって、緊張感がなく下腹部にお肉がつく「ポッコリお腹」状態であることが多いです。

 

このような骨盤の歪みは、骨盤帯の筋肉のひとつである腸骨筋の短縮が原因のひとつとして考えられます。

 

なぜ、腸骨筋が短縮するのか?

 

イラストの筋肉が腸骨筋です。股関節を跨ぐ筋肉で脚を持ち上げる作用をもっています。この筋肉の位置を見ていただくと、短縮すると骨盤が前傾するというイメージが容易にできると思います。

なぜ、腸骨筋が短縮するかということですが、その原因のひとつに長時間、イスに座った状態のデスクワークが考えられます。

 

イスに座った姿勢では、股関節は骨盤に対して、90度曲がった状態になります。この姿勢では、腸骨筋は短縮された状態になりますので、それが長時間続けば、筋肉が硬くなり伸びにくくなってしまいます。

腸骨筋が硬くなると、座り姿勢で90度に曲げた股関節が立った時に0度まで十分に戻らなくなるということが起こるのです。これにより反り腰状態が形成されてしまうのです。

 

反り腰で痛む腰痛のセルフケア

腸骨筋は前後開脚ストレッチで、のばすことができます。

 

★ 腰痛のための前後開脚ストレッチのやり方

 

床で前後に足を開きます。

 

前脚の膝は90度ぐらいに曲がっていてもOKです。

後ろに流した脚の腸骨筋がターゲットですので、後ろにはしっかり伸ばしましょう。

軽い伸びが感じられる程度、十分ストレッチできています。

 

痛いときは無理に伸ばさないでください。

 

このストレッチでは、腸骨筋のほかに大腰筋(セットで腸腰筋とよびます)をストレッチすることができます。

大腰筋・腸骨筋

カラダの中心近くを腸骨筋に平行に走行してしているのが大腰筋で胸椎12番から全腰椎から始まっています。

 

大まかに大腰筋と腸骨筋を一緒にストレッチしても、腰痛が楽になることもありますが、腸骨筋をより集中的にストレッチすることで、さらに効果が期待できる場合も多々あります。

 

腸骨筋を集中してストレッチする方法

前述した前後開脚ストレッチのポーズをとりましょう。

この姿勢のままで後ろに伸ばした脚側のお尻に力をいれると、腸骨筋が集中的にストレッチされます。

股関節の前の伸び感がさらに強くなっていればOKです。

 

気持ちいい範囲で行ってください。痛いのを無理に行わないように!!

 

動画でも解説していますので、文章で分かりにくければご覧になってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

★ 腰痛関連おススメの記事

「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法

「慢性的な腰の痛みはマッサージでは治りません」筋膜リリース・腰痛の原因

「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜

 

お問合せはお気軽にどうぞ!!

横須賀整体 岡田
代表 岡田雅昌

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059

担当の岡田がでます。

「ホームページを見た」とお伝えください。

 

メール予約は24時間対応です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。
メールアドレスの間違いやパソコンからのメール拒否(特にezweb.ne.jpはメールが戻ってくることが多いです)で返信できない状況が増えていますので、
お電話番号もこちらにご記入することをおススメいたします。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

ご予約方法・施術料金の詳細

施術料金やご予約に関する詳細は下の画像をクリックしてください。

新しいページが開きます。

横須賀整体ヘッダー3

おススメの記事

  • 「慢性的な腰の痛みはマッサージでは治りません」筋膜リリース・腰痛の原因「慢性的な腰の痛みはマッサージでは治りません」筋膜リリース・腰痛の原因 腰の痛みは腰のマッサージでは治りません。これはたくさんの方が経験的に知っていることなのではないでしょうか?本当に根本的に治すには、「痛いところが悪いところ」という思い込みを外す必要があります。 普通のマッサージでは施術しない腰痛の隠れた原因筋こちらのイラストをご覧ください。これは人間のカラダをお腹側から見たところです。 オレンジ色になっているところが、筋肉 […]
  • 「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法 腰の痛みは、腰に問題があるわけではないことがほとんどです。一般的には、腰の痛みで病院にいくと、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどと症状名がつきますが、整体では全身の筋膜の歪みが、腰に感じている状態ととらえます。 「脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが原因で神経が挟まれて腰が痛い」と思い込んでいることが多いのですが、神経が挟まれても筋肉の麻痺やしびれが起こるだけで、痛みを起こ […]
  • 「脊柱管狭窄症など腰の痛みの原因筋の調整はお腹から?」筋膜リリース「脊柱管狭窄症など腰の痛みの原因筋の調整はお腹から?」筋膜リリース 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛の原因は、背骨の変位や変形による神経の挟み込みと考えられていますが、神経の挟み込みで出る症状は、しびれや筋肉の麻痺になりますので、痛みの原因は、主に筋膜の歪みによる場合が多くあります。 特定の筋肉の膜組織が緊張状態にあったり、隣接する組織と癒着していることを一般的に「骨盤の歪み」という言葉で表現します。 この言葉か […]
  • 腰の痛みを自分で治す方法腰の痛みを自分で治す方法 腰痛の改善方法腰痛の原因は初期の段階では筋膜性のものがほとんどです。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症など診断名がついている症状でも、できる範囲でストレッチなどを行うことで辛ーい腰痛を軽減することはできます。それでは、早速、腰痛ストレッチをご紹介していきましょう!!★ 目次1.反ると痛い腰痛、脊柱管狭窄症や腰椎分離症、 […]
  • ぎっくり腰の予防エクササイズぎっくり腰の予防エクササイズ 横須賀整体スタジオの口コミ・お客様の声45 I・Yさま 主婦 横須賀市在住昨夏、二度、ぎっくり腰になり岡田さんの整体を受けました。体の歪みを治してもらったら、ほどなく腰痛は無くなったのですが予防には、筋トレ、ストレッチが大事だと言う事を教わり、それから指導をうけ徐々に筋トレを始めました。 今では激しい運動をしても、腰痛になる事はなくなりました。岡田さんの指 […]
  • 「なぜ、ここで楽に?慢性的な腰の痛みの整体」筋膜連鎖で骨盤矯正「なぜ、ここで楽に?慢性的な腰の痛みの整体」筋膜連鎖で骨盤矯正 慢性腰痛は痛い腰以外の筋膜リリースが有効横須賀整体スクールの岡田です。パーソナルトレーナーやセラピスト向けに情報を配信しております。 腰の痛みは、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症、疲労性腰痛、慢性腰痛症などいろいろな症状名がつけられますが、同じ症状名がついていても、その状態は、一人ひとり違いますので通り一辺倒の対応では、解決できないことも多いです。 […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です