自律神経失調症のメンタルケア‐自覚法と鏡の法則


 鏡の法則

月をみて、美しいと感じたり、あるいは悲しいと感じたり、想うことは一人一人異なります。これは、月が美しいのでもなく、悲しいのでもなく、自分の心が美しく、そして悲しいのです。  

外にみる世界は、自分の心の映しなのです。  

 

人間は、目で見たものを過去の経験からくる価値観から判断したり、そのときの感情を投影したりしています。つまり、対象物をそのものとして見ることを行っていることは、ほとんどないのです。  

 

同じ出来事、人物、動物、植物、空や雲などを見たとしても、100人いれば、五感の感性とその時の感情や価値観の違いで一人ずつ異なる世界をみていることになります。

花

世界が辛く苦しく醜さに満ちていると思っている人は、そのような世界をみるし、世界が楽しく明るい美しさに満ちていると思っている人は、そのような世界を見るのです。

 

  このように見ていくと、外の世界がどのように見えるか、どのように感じるか、自分の内面を見つめることで自分がどのような思考をしているかを発見することができることになります。

 

  この法則で考えると、誰かがアナタに「アナタは明るい人ですね」といったとしたら、それは「自分は明るい人なんだ」というセルフイメージを持っていて、それを他人に言わせているということになります。

 

  逆に「あなたは暗い人ですね」と言われたら、自分で自分を「私は暗い人なんだ」と評価していることになります。  

通常は周りの人達の評価で、自分の性格が決められているように見えますが、実は逆で自分をどういうふうに見るかで、他人にどうみられるかが決まるのです。  

 

これを「鏡の法則」とよびます。  

 

こんなことが経験的に分かってくると、外の現象を変えていくには、まず自分が変わればいいんだということが実感できてくると思います。  

 

でも、この自分の見方を変えるということが、難しく感じることもたくさん起こります。それは、自分の価値観が絶対で、これは譲ることができないというときです。  

 

しかし、それも過去の経験からの特定の反応パターンでしかないのです。  

 

物事はいろいろな角度に見ることができるほうが選択肢が広がり、より自由で楽になると思いますので、日々の自分の反応に目を光らせてみると、良く考えてみるとつまらない価値観に縛られていたということが分かるかもしれません。  

 

自覚法‐無意識のレッテル張りとストーリー妄想に気がつく

  人間は外の出来事に対して、すぐにレッテルを貼り、ストーリーを思い描き始めます。

 

物事を肯定的に捉える癖のある人は、肯定的なストーリーを描きますし、いつもネガティブな人は、否定的な妄想で頭をいっぱいにしてしまいます。  

 

私たちは問題を自分の頭で作り上げては悩み、それを解決するストーリーを楽しんでいるかのようです。   しかし、これらのストーリーは何れにしても、虚構でしかないので幾通りにも見方を変えることができます。

 

そのようなことから同じ出来事が、人によって楽にも苦にもなるわけです。  

 

レッテル張りは、自分の価値観の反映でしかないので、物事そのものを見ることはできずに、常に偏見でみることになります。

 

そして、これらは無意識な反応として起こるので自分の思考を見つめようと試みない限り、このパターンから抜け出すことはできないのです。  

 

ですから、この自分の思考を見つめるということを行うと、今までの無意識の反応の癖に気がつくことになり、もうその反応は癖ではなくなります。

 

気がついてもまだ、その反応をしてしまうようでしたら、それはその反応を自ら選択しているということになります。

螺旋階段

どうしても違った反応をすることができないという事柄には、強力なレッテル張りにより、ブロックされた状態であるので、一つひとつ丁寧に思考を観察することが必要かもしれません。  

 

通常は、とてもネガティブな出来事に直面したときに、どっぷり悩みモードに浸ると思いますが、「思考を見つめる」ということをすると、そのネガティブな出来事に対する感情を客観視するような状態になります。  

 

そうすると心にすこし隙間ができたように感じることができて、次第に悩みが自分そのものになって感情に浸りきってしまう時間が短くなってきます。  

 

このプロセスが進んでくると、感情を生み出している本当の自分に気がつき、自分の感情を選択することができることに気がつく段階になります。

 

  現状はどうあれ、どのような感情を選ぶのか?それともただ過ぎ去るのを静観するのか?自分で決めることができるようになってくると本当に自由に楽々悠遊と生きていけるのではないでしょうか。  

 

私はそう在りたいです。  

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

横須賀整体 岡田

代表 岡田雅昌

ご予約・お問い合わせ

セルフケア方法や整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

24時間対応メール予約・お問合せ

24時間以内に返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。
メールアドレスの間違いで返信できない状況が増えていますので、
お電話番号もこちらにご記入することをおススメいたします。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

おススメの記事

  • 口癖に注意!慢性的な不調と引き寄せの法則口癖に注意!慢性的な不調と引き寄せの法則 引き寄せの法則「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことがありますでしょうか? […]
  • 「慢性的に長引く痛みと引き寄せの法則」思考の影響・スピリチュアル「慢性的に長引く痛みと引き寄せの法則」思考の影響・スピリチュアル 膝の痛みや腰の痛みは、心の影響がその根底にあるようです。足腰は行動するための器官ですので、足腰の痛みは前に進むことの不安や未来の恐れなどを潜在的にもっていることで表面化する場合があるようなのです。 痛みはカラダからのメッセージ痛みは、身体を維持している潜在意識からのメッセージで、まだ、起こっていないことに対して頭の中での思考でしかないのですから、ネガティブな感情に浸 […]
  • 「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜 肩こりや腰の痛み、膝の痛みで、マッサージや接骨院や整形外科に通っているが、そのときだけ楽になるけど全然治らないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。 これは痛いところを直接、施術して痛みを一時的に散らしている状態で本当の原因に対処できていないから治らないということが考えられます。 人間のカラダは、常に最良の状態になるように生命エネルギーが作用しています。&n […]
  • 「腰の痛みを軽減するメンタルケアと腰痛改善ストレッチ」「腰の痛みを軽減するメンタルケアと腰痛改善ストレッチ」 腰痛の原因は筋膜の歪み坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの症状は、骨がズレて神経を挟み込んでしまっているから起こると一般的には認識されていますが、その根本的な原因は筋膜の歪みが過剰になった結果、骨の変位などが見て分かるほどになっているのです。 骨のズレが原因となると手術しか方法がなくなってしまうと考えがちですが、骨の位置は筋膜のテンションに依存していますの […]
  • 「整体の仕組み・色と空その2治そうとしないこと」ヒーリング・操体法「整体の仕組み・色と空その2治そうとしないこと」ヒーリング・操体法 宇宙はすべて振動する波動でできているそうです。明らかに物質としてリアルに感じる肉体でさえ、波動だということなのです。これは現代の最先端の物理学者らもそういっていますので、おそらく間違いないと考えます。 […]
  • 「健康観・治療家とは?」筋膜・操体「健康観・治療家とは?」筋膜・操体 野口整体の創始者である野口晴哉先生のご著書「治療の書」を久しぶりに手に取りパラパラと言葉を探していると、ふと目が止まった文章があったので、ブログに付記しておこうと思いたちました。  ちなみに私は自分が治療家であるという認識はありません。ただ治るという現象を見守っているお兄さん(おじさんではありません笑)という意識で整体のセッションを行っています。 […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です