「スマホで首コリは前腕の筋膜リリースで解消できる?」


スマホに夢中で気がついたら、首肩がガチガチに凝っていたという経験をお持ちの方が多いようです。

電磁波の影響で首肩がこる場合もあります。→こちらのページ

スマホをいじっている姿勢の問題と指を、特に人差し指をよく使う作業になりますので、前腕の伸筋群(指を反らす筋肉)を酷使し、筋膜の連鎖でそれが、上腕を伝わり肩甲骨周囲を伝わり、首から頭部にまで緊張が広がることになります。

示指伸筋

スマホの画面を凝視する眼と連動している筋肉が後頭部の際の深層部に存在しますので、首コリ肩こりの原因は指からも後頭部の筋肉からも起こることになります。

これでは、首や肩が痛くならないはずがありませんよね?

 

カラダは同じ作業を連続で行うと疲労するようにできています。

適度に休むことは、肉体には必要なわけです。

体力を鍛えれば、その持続時間は延ばせるかもしれませんが、スマホいじりを永遠に行っていいたいために、筋トレをするのも馬鹿げた話ですよね(笑)

 

ですから、時々リセットするような体操を行うと疲労から来る首コリ肩こりの痛みをコントロールすることができると考えますので、その方法をご紹介したいと思います。

 

前腕伸筋のセルフ筋膜リリース


前腕部の筋肉は、結構、細かく一般の方には選別することは難しいと思います。

しかし、筋膜リリースの場合は、各筋肉を個別にアプローチしなくとも、大きな束として筋膜を捉えて、施術すれば簡単に動きが軽くなるということを感じることができるのです。

前腕伸筋群

前腕の筋膜リリースは、前腕を手のひら全体で優しく包むように把持して、手首や指を軽く動かすことで簡単に行うことができます。

ポイントとして、指を柔らかく使うことが求められます。指先に力をいれて持つのではなくて、手のひら全体で均等に圧をかけるように持つことが大切です。

 

ここが素人の方にはむずかしいところかもしれません。それと手首や指を動かすときも、一ミリ単位で静かに動かすことが大切で、ギュンギュングリグリ乱暴に動かしたのでは、逆に疲労が増えるだけの意味のない施術となります。

 

繊細に指を使う練習をすると、普段の動きの癖も解消できますので、肩こり首コリの軽減にも繋がります。

結構、無意識に乱暴にカラダを動かしているものなのですよ。この機会にカラダの内側に意識を集中してみるのもよいかと思います。

 

前腕の筋膜をとらえて、手を柔らかく気持ちよく動かした後に、手首の動きを確認してみましょう。きっと軽くなっていますよ。お試しくださいね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

首痛・肩こり関連施術動画

超低刺激でも効果的な整体「操体法」

首コリは揉まなくても楽になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

横須賀整体 岡田

代表 岡田雅昌

ご予約・お問い合わせ

セルフケア方法や整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

24時間対応メール予約・お問合せ

24時間以内に返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。
メールアドレスの間違いやパソコンからのメール拒否(特にezweb.ne.jpはメールが戻ってくることが多いです)で返信できない状況が増えていますので、
お電話番号もこちらにご記入することをおススメいたします。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

横須賀整体スタジオ

当院「横須賀整体スタジオ」では、健康雑誌「わかさ」で特集された操体法を用いて施術しています。

わかさ

マッサージではありません。

そのときの身体に必要な低刺激で効果を出す痛くない整体です。

お客様の声を多数いただいておりますので、ご予約の際はご参考にしてください。

  お客様の声のページへ  

%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

出版物

Amazon限定発売 自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

ご予約方法・施術料金

横須賀整体ヘッダー3

 

おススメの記事

  • 「手根管症候群・腱鞘炎の解剖と筋膜連鎖?による軽減法」筋膜リリース「手根管症候群・腱鞘炎の解剖と筋膜連鎖?による軽減法」筋膜リリース 手の痛みは、日常生活に支障をきたすことがありますので、早く治したいものです。この記事では、解剖学的な解説と整体の手根管症候群へのアプローチをご紹介いたします。 手根管症候群・腱鞘炎の解剖と軽減するための整体的アプローチ手根管手根管とは、手の指を動かす筋肉の腱を手首のところで束ねている支帯線維、屈筋支帯の中を神経線維や腱が通過する管の事で、それぞれ腱鞘という「さや状」 […]
  • 「腕のしびれと肩から腕にかけての鈍痛は下部頸椎の動き過ぎ症候群」テニスボールでセルフケア「腕のしびれと肩から腕にかけての鈍痛は下部頸椎の動き過ぎ症候群」テニスボールでセルフケア 腕のしびれや、肩から腕にかけての鈍痛は、下部頸椎の可動性亢進が原因の可能性があります。 頸椎と胸椎の危険な境界頸椎は全部で七個あります。上部頸椎は第一頸椎(環椎)~第三(四)頸椎辺りまでを指し、下部頸椎とは、第五~第七頸椎を指します。第七頸椎の一つ下から第一胸椎となりす。  第一胸椎から構造が変化して肋骨が加わることになりますが肋骨が加わることで […]
  • 「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜 肩こりや腰の痛み、膝の痛みで、マッサージや接骨院や整形外科に通っているが、そのときだけ楽になるけど全然治らないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。 これは痛いところを直接、施術して痛みを一時的に散らしている状態で本当の原因に対処できていないから治らないということが考えられます。 人間のカラダは、常に最良の状態になるように生命エネルギーが作用しています。&n […]
  • 「猫背・腕のしびれは手の筋膜リリース」「猫背・腕のしびれは手の筋膜リリース」 猫背の原因「小胸筋」が手の筋膜リリースで改善できる理由肩こりや腕のしびれの原因となっている可能性が高い筋肉があります。それは、小胸筋という肩甲骨の烏口突起から肋骨に向かってのびる筋肉です。この小胸筋が緊張状態になると肩甲骨は、前傾した形で固定されます。 この姿勢は、いわゆる「猫背姿勢」になります。猫背姿勢はご存知の通り、頭も前方に突き出た姿勢になりますので、首肩の筋 […]
  • 「本当は教えたくない肩こり・首こりや頭痛のセルフケアのポイント」操体・治療法・自己整体「本当は教えたくない肩こり・首こりや頭痛のセルフケアのポイント」操体・治療法・自己整体 肩こりや首こりのセルフケアの簡単なポイントをご紹介します。膝の痛みや腰の痛みがあると、いつもできていたことが、急にできなくって苛立ちを感じたりしますが、膝・腰の痛みの場合、意識はしっかりしているので気持ちをコントロールすることは何とかできます。その点、肩こりや首こりの場合、頭の近くということで、頭痛などに発展すると気持ちも落ち気味になるし、ひどいときは、本当にどうにかなっちゃ […]
  • 「肩こり・五十肩・四十肩の改善になぜ、こんなところの施術が有効なのか?」「肩こり・五十肩・四十肩の改善になぜ、こんなところの施術が有効なのか?」 横須賀整体スクールの岡田です。パーソナルトレーナーやセラピスト向けに情報を配信しております。 今回は、下半身へのアプローチで肩こりや五十肩などの肩痛を改善する方法について解説していきます。 この動画では、腸脛靭帯にアプローチすることで肩の可動域が変化することから、逆に肩甲骨の動きを改善すると膝の動きが回復するという、今回の記事と逆のことを解説しています。& […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です