肩こり解消!肩甲骨はがしで筋膜リリース&ストレッチ


 肩こりの原因は猫背姿勢や長時間のデスクワークなどと言われていますが、肩甲骨の動きが軽い人とそうでない人では肩こりの出る頻度が格段に違います。

横須賀整体スタジオのお客様の声

「首コリ・背中の痛みがうその様にスッキリしました。」

20170524お客様の声 001

肩甲骨はがしや整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 

パソコンのほうが情報が読みやすいですよ~☆彡

 

猫背で肩が前に入っている状態

肩甲骨は胸郭上(肋骨)に筋肉で連結されています。肩が前に入っている猫背姿勢の場合、肩甲骨に付着する筋肉のバランスが崩れて、前に引っ張られるようにずれているのです。

 

胸の前の筋肉は、小胸筋大胸筋前鋸筋と呼ばれるものがあり、猫背姿勢ではこれらの筋肉が短縮している状態です。

それに対して、肩甲骨を背中側に引っ張る作用をもつ筋肉があります。それは菱形筋と呼ばれるものです。猫背姿勢では、肩甲骨が前にずれているので、菱形筋は絶えず引き伸ばされている状態になっています。

また、良くある肩甲骨の内側の痛みもこの菱形筋の引き伸ばされた状態が原因となっています。

肩甲骨の内側痛についての記事はこちら

このように筋肉のバランスが崩れる原因は普段の姿勢の習慣が考えられます。しかし、良い姿勢を保とうとして努力している方の多くが、背中の筋肉を無理に使っていまい、逆に肩こりを悪化させているケースもよくあります。

 

猫背姿勢を改善するためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

 

猫背姿勢を解消するポイント

胸郭を広げる

肩甲骨は、胸郭上をスライドするように動きますが、この肩甲骨の土台である胸郭の形が崩れていると肩甲骨は偏った動きしかできなくなります。

胸郭

猫背姿勢は背中の丸まりが気になりますが、実は胸郭の前側がお腹側に下がっているのです。この状態では、胸郭内の肺に十分な空気が入らないくなり、呼吸も浅くなります。

 

この状態を改善するためには胸郭の前側を広げる必要があります。その方法としては、両手を上にあげ、背骨をやや後ろに反らした姿勢のまま深呼吸を繰り返すというものがあります。

背伸び

もう一つの方法は、手を胸の上に置いて、呼吸により肋骨が膨らんでくることに意識をもっていく方法があります。胸の上のほうは前方に膨らみ、みぞおちの高さぐらいの肋骨は左右に広がります。

 

このセルフケアにより、胸郭の柔軟性が改善されれば、それだけでも肩甲骨の位置が修正されて、肩こりの軽減も期待できます。

 

肩甲骨はがし

肩甲骨はがしは、受け手に腕を背中に回すようにしてもらい、浮き出た肩甲骨の内側の縁に術者の指先を引っ掛けて、胸郭からはがすように肩甲骨を持ち上げる手技です。

肩甲骨はがし

ただし、肩こりの酷い人は肩甲骨が胸郭にへばりついていて、肩甲骨が浮いてこない場合がありますので、肩甲骨はがしの前に、周囲の筋肉を十分に柔らかくすることが必要です。

 

肩甲骨が浮き上がって、肩甲骨はがしがしっかり効くようになると、肩がびっくりするぐらい軽くなります。肩の動きが楽になると、血行もよくなり、肩こりになりにくい体質になります。

 

肩甲骨はがし以外にも、肩こりや背中の痛みに効果的な「皮膚の操体」という変わった方法もあります。

こちらの方が身体に優しい自然な方法ですので、おススメです!!

横須賀整体スタジオのお客様の声

なかなかとれなかったお尻の痛みかたこりがすっかりなくなってからだが軽くなりました。

 

ヒザのネジレもなくなりました。

 

来て本当によかったです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

横須賀整体 岡田

代表 岡田雅昌

ご予約・お問い合わせ

セルフケア方法や整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

24時間対応メール予約・お問合せ

24時間以内に返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご予約・お問い合わせ

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

画像をクリックするとお問い合わせページが開きます。

横須賀整体ヘッダー3

 

★ おススメの関連記事

「ストレス性の肩こり・頭痛・自律神経失調症を改善する」

「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」

  

おススメの記事

  • 【保存版】テニスボール・ストレッチ・セルフケア体操【保存版】テニスボール・ストレッチ・セルフケア体操 膝の痛み・腰の痛み・肩こりに効くテニスボールを使ったストレッチ・セルフケア体操をご紹介します。 Amazon限定発売中!!自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき目次1. 腰が痛いときは「テニスボール足裏ほぐし」2. 膝の内側が痛いときは「バランスディスクで足首ストレッチ」3. 立ち仕事で辛い腰の痛みに「テニスボール正座」4. 腰痛ストレッチの定番。なぜか?正座 […]
  • 「立つと踵が痛い症状の原因」足底筋膜炎・足首の不調のストレッチの方法「立つと踵が痛い症状の原因」足底筋膜炎・足首の不調のストレッチの方法 踵の痛みと足底筋膜炎かかとを床につくと痛むことがあります。特に朝の起きがけは足がつけないぐらいのときもあるようです。この症状は、足底筋やふくらはぎの筋肉の過緊張などが原因の一つと考えられます。足底筋群は、ランニングやダンスなどでオーバーユースすることで、炎症を起こすことがあります。それがいわゆる足底筋膜炎で足のアーチが下降している偏平足に特に起こりやすいようです。  […]
  • 「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜 肩こりや腰の痛み、膝の痛みで、マッサージや接骨院や整形外科に通っているが、そのときだけ楽になるけど全然治らないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。 これは痛いところを直接、施術して痛みを一時的に散らしている状態で本当の原因に対処できていないから治らないということが考えられます。 人間のカラダは、常に最良の状態になるように生命エネルギーが作用しています。&n […]
  • 「肩こり・五十肩・四十肩の改善になぜ、こんなところの施術が有効なのか?」「肩こり・五十肩・四十肩の改善になぜ、こんなところの施術が有効なのか?」 横須賀整体スクールの岡田です。パーソナルトレーナーやセラピスト向けに情報を配信しております。 今回は、下半身へのアプローチで肩こりや五十肩などの肩痛を改善する方法について解説していきます。 この動画では、腸脛靭帯にアプローチすることで肩の可動域が変化することから、逆に肩甲骨の動きを改善すると膝の動きが回復するという、今回の記事と逆のことを解説しています。& […]
  • 腰の痛みを自分で治す方法腰の痛みを自分で治す方法 腰痛の改善方法腰痛の原因は初期の段階では筋膜性のものがほとんどです。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症など診断名がついている症状でも、できる範囲でストレッチなどを行うことで辛ーい腰痛を軽減することはできます。それでは、早速、腰痛ストレッチをご紹介していきましょう!!★ 目次1.反ると痛い腰痛、脊柱管狭窄症や腰椎分離症、 […]
  • 「四十肩・五十肩・肩痛の改善例」操体法・筋膜リリース「四十肩・五十肩・肩痛の改善例」操体法・筋膜リリース 頸椎の三軸操体で挙がりにくかった右肩が楽になった。横須賀整体・治療院の口コミお客様の声43「右肩の違和感で腕が挙がりにくかった症状の改善例」四十肩・五十肩・肩痛関連綾部洋子様 68歳 主婦手を上げる動作、特に右手が上がりにくかったのですが首ひねりをやっていただいた所、手もスムーズに上がり身体の右側のこわばりも楽になりました。横須賀整体スタジオ院長コメント首ひねりとは、三軸操体 […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です