「自転車で腰痛になる原因と改善法」


自転車は乗っている姿勢や漕ぎ方により腰に負担をかけることがあります。

それは、股関節の機能低下により殿筋群(お尻の筋肉)が動いていない場合に起こります。

  自転車を漕ぐ動作と階段をのぼる動作には類似点があるので、階段昇降のイラストで解説します。

腰痛にある動作となりにくい動作の違い?

腰が丸まっていて、骨盤が後傾姿勢になっていると、階段や自転車こぎの動作のときに腰を伸ばす脊柱起立筋群(いわゆる背筋)と膝を伸ばす筋肉が過剰に働くことになります。

これにより腰痛や膝に痛みが起こりやすくなります。

骨盤後傾階段上がり

 

それに対して、腰が立っていて、骨盤は前傾かフラットな姿勢であると、階段のぼりや自転車こぎの動作のときに股関節が良く使えるので腰痛や膝痛になりにくい動作となります。

骨盤前傾階段上がり

このように骨盤の傾斜の違いで使われる大きく筋肉が変化します。

このことは実際に、ご自分の身体を使って実験してみると良いですよ。

 

股関節が使えてる動作とそうでない動作の実験

立った姿勢で腰を丸めて、スクワット動作をしてみましょう。  おそらく、膝や腰に疲労がでてくると思います。つまり、骨盤後傾姿勢でのスクワットは、腰を伸ばす脊柱起立筋群と膝を伸ばす大腿四頭筋中心の動作になるのです。  

次に立った姿勢で腰を立てて、骨盤前傾でスクワット動作をしてみましょう。  

今度は、お尻の筋肉にも適度なハリ感があり、股関節が使われているように感じると思います。腰や膝の負担も先ほどの腰が丸まった姿勢よりは軽減した感覚があると思います。  

この実験により身体の使い方でずいぶん、腰や膝の負担が変化することが実感できたと思います。  

 

弱くなった筋肉の代償動作が故障の原因

姿勢や動作は、普段の癖が最も影響していますが、その癖により部分的に弱くなってしまう筋肉がでてきます。   そして、機能低下してしまった筋肉の作用は似たような作用をする他の筋肉で代償するという方法で動作を遂行するようになっています。  

そうすると、知らず知らずの内に腰や膝などに故障がでやすい身体動作に陥ってしまうことになります。  

 

改善方法‐股関節の筋肉の強化

自転車を漕ぐ動作、階段をのぼる動作の主動筋は、大殿筋、中殿筋などのお尻の筋肉とハムストリングス(モモ裏の筋肉)になります。

  前述したように、これら殿筋群などが機能低下しているために、代償動作として、腰を伸ばす筋肉の脊柱起立筋などで、脚の踏み込み動作をしてしまっていることが、腰痛の原因の一つとなっているのです。  

ですから、骨盤の傾斜を適切に保つくせをつけて、且つ、殿筋群を活性化することが腰痛改善のポイントとなります。  

 

改善エクササイズ‐片脚スクワット

 

片脚スクワット

始めのうちは、股関節の機能を意識するために、股関節上での骨盤前傾運動のみを練習すると良いと思います。それから慣れてきたら膝の動作も加えていきます。  

 

膝の屈伸は股関節のスイングして踏み込む動作に、自然についてくる程度にすると膝の負担も激減します。

  回数は8~10回ぐらいで3セット休1分が基本です。

 

慣れてきたらダンベルなどで負荷をプラスしていきます。  

自転車で腰が痛くなってしまう方は是非、お試しくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。  

 

横須賀整体 岡田

代表 岡田雅昌

ご予約・お問い合わせ

セルフケア方法や整体に関するお問い合わせはお気軽にお電話かメールでどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
担当の岡田がでます。「ホームページを見た」とお伝えください。

24時間対応メール予約・お問合せ

24時間以内に返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご予約・お問い合わせ

ご希望の日程を第二希望までご記入ください。

内容をご確認の上チェックを入れてください。

 

出版物

Amazon限定発売!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 

ご予約方法・施術料金

施術料金やご予約に関する詳細は下の画像をクリックしてください。 新しいページが開きます。 横須賀整体ヘッダー3

 

おススメの記事

  • 「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜「慢性的な腰の痛みや慢性肩こりの本当の原因」スピリチュアル・筋膜 肩こりや腰の痛み、膝の痛みで、マッサージや接骨院や整形外科に通っているが、そのときだけ楽になるけど全然治らないとお悩みの方が多くいらっしゃいます。 これは痛いところを直接、施術して痛みを一時的に散らしている状態で本当の原因に対処できていないから治らないということが考えられます。 人間のカラダは、常に最良の状態になるように生命エネルギーが作用しています。&n […]
  • 「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法「腰の鈍痛や股関節痛の原因筋の調整」セルフケア・操体法 腰の痛みは、腰に問題があるわけではないことがほとんどです。一般的には、腰の痛みで病院にいくと、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどと症状名がつきますが、整体では全身の筋膜の歪みが、腰に感じている状態ととらえます。 「脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアが原因で神経が挟まれて腰が痛い」と思い込んでいることが多いのですが、神経が挟まれても筋肉の麻痺やしびれが起こるだけで、痛みを起こ […]
  • 「腰の痛みを軽減するメンタルケアと腰痛改善ストレッチ」「腰の痛みを軽減するメンタルケアと腰痛改善ストレッチ」 腰痛の原因は筋膜の歪み坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの症状は、骨がズレて神経を挟み込んでしまっているから起こると一般的には認識されていますが、その根本的な原因は筋膜の歪みが過剰になった結果、骨の変位などが見て分かるほどになっているのです。 骨のズレが原因となると手術しか方法がなくなってしまうと考えがちですが、骨の位置は筋膜のテンションに依存していますの […]
  • 「腰が痛い!骨盤矯正で治る?」腰の痛みストレッチ「腰が痛い!骨盤矯正で治る?」腰の痛みストレッチ 腰痛の原因は、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・脊椎分離症・脊椎すべり症・坐骨神経痛・梨状筋症候群などが考えられますが、近年、骨の変形だけが痛みの原因ではないことが分かってきています。横須賀整体スタジオの岡田です。この記事では、腰の痛みのための簡単な骨盤矯正ストレッチを紹介しています。 腰痛の症状は、じっと立っているだけで、腰からお尻の筋肉に鈍い痛みがでてきたり、歩いて […]
  • 「ストレスによる腰痛を軽減する内臓の整体は自律神経失調症や肩こりにも」「ストレスによる腰痛を軽減する内臓の整体は自律神経失調症や肩こりにも」 自律神経失調症の整体的アプローチ現代人は自律神経のバランスが崩れている方が多いようです。それは、社会生活の忙しさから十分にカラダを休めることができなくなっていることも要因としてあげられます。 整体は、筋肉や関節などの調整をするだけでなく、内臓の調整も行います。 それは自律神経の調整に関連するからです。内臓は、胸郭内にある心臓、肺、胸腺、気管支、腹腔内にある […]
  • 【保存版】テニスボール・ストレッチ・セルフケア体操【保存版】テニスボール・ストレッチ・セルフケア体操 膝の痛み・腰の痛み・肩こりに効くテニスボールを使ったストレッチ・セルフケア体操をご紹介します。 Amazon限定発売中!!自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき目次1. 腰が痛いときは「テニスボール足裏ほぐし」2. 膝の内側が痛いときは「バランスディスクで足首ストレッチ」3. 立ち仕事で辛い腰の痛みに「テニスボール正座」4. 腰痛ストレッチの定番。なぜか?正座 […]

masaakiokada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です