健康を保つ4つの責任行動とセルフ骨盤矯正

LINEで送る
Pocket

健康を保つ超シンプルな指針

身体の健康は、本来、自然に保たれているものです。

体に炎症が起こったり、痛いところがでてきたりするのは、日常生活の習慣が自然の摂理から外れたときなのです。

ですから、体の痛みを短絡的に「年のせい」にする前に、操体法的なカラダの健康の指針「息・食・動・想」の4つの責任行動を反省してみるとよいと思います。

 

「息・食・動・想」

は、呼吸のことです。昔から「長息は長生きの元」と考えられて、武道や整体などでは調息法が考案されてきました。

成人で1分間に12~18回、呼吸しています。浅い呼吸では、十分な酸素が取り込めずに、細胞への栄養が滞ってしまうことになり、様々な 体調不良の原因ともなります。

これは呼吸が自律神経のバランスととても関連が深いからなのです。
は、普段、飲食しているものの質と量のことです。

お肉がいいとか○○油はいいとか…いろいろな情報が氾濫していますが、良いと言われているものをたくさん摂れば良いのかと言えば、そんなことはなく、要は偏りなく全体のバランスが取れればよいのです。

ですから、何かを加えることよりも、余分に食べているものを減らしてみて、体の調子が良くなるか、自分の体で検証してみるとよいと思います。

c2688ca22687ffe1255b021d6552ee45_s
は、身体の扱い方です。立ち座りの基本動作も全身の関節を適切に使うことで運動効率がよくなり、膝痛、腰痛などを避けることができます。

また、姿勢を良くしなければいけないと思って無理に背すじをまっすぐにしようとする場合がありますが、姿勢が崩れる原因の一つに骨盤のゆがみがあるので、ゆがみをとらずに筋肉で無理に行おうとすると筋肉に余分な緊張を強いることになり、腰痛などの原因にもなりかねませんので注意が必要です。

無理に力を入れなくても臍下丹田に力がある状態であれば、姿勢はおのずとよくなります。この状態に調整する方法は後ほど紹介します。

 
は、普段の思考パターンや外の環境に対しての反応パターンのことで、これは今までの人生経験から構築されて自動化されています。

同じ出来事でも、常にネガティブな感情に浸るように反応する人は、それがストレスになり、ポジティブに受け取る人にとっては、全くストレスにならなかったりします。

要は価値観や自己肯定感の違いで反応が変わっているので、外の状況が原因ではなくて、受け取る側の問題なのです。

ストレスが癌やその他の様々な病気の原因となっていることはよく知られています。古くから「病気は気から」と言われているとおりですね。

ストレスは、外の問題というより、受け取り方の問題なので、自分の内側をよくみて、頑なになっているところがあれば、そこを解き放つと不思議と楽になるものです。

f4b6e16571e19e4fd9e18e55f2db6eb9_s

100%自己責任

さて、操体法的4つの責任行動を簡単に解説してみましたが、この4つの要素を適切に保つか否かは100%自己責任なのです。
自己責任というと厳しいイメージを持つかもしれませんが、逆に言うと自分で良くも悪くもコントロールすることができるということです。

現代社会ではこれらの要素を100%完璧にすることは無理だと思いますが、できるだけ間に合うように調整すれば、ある程度の健康は保てるでしょう。

それでは、どこから始めたらよいのかと迷うところですが、おススメはセルフ骨盤矯正で体の違和感や痛みを改善して、楽な体を作ることから始めるとよいと思います。

 

三軸操体で骨盤矯正

この方法は首肩腰膝などどの部位の症状でも効果があります。体全体を整えて自然治癒力を高める方法だからです。さっそくやってみましょう。

イスに座った姿勢で体幹をひねり左右差を比べます。

行きやすい方にむけます。そのまま今度は、左右の肩を下げて体を傾けるか、前屈・後屈を比べます。

これらもやりやすい方にセットします。

最後の動きは表にある通りです。

三軸操体3

後屈とは腰を反る動きで前屈は丸める動きです。終わったらもう一度ひねりの可動性を比べてみてください。

 

うまくいっていれば、左右差は減少し、痛みや違和感も変化していると思います。おそらく文章だけでは分りにくいと思いますので、やり方はお気軽にご質問くださいね~。

一軸目を前・後屈から始めるパターンや側屈から始めるパターンもありますので、そのときの身体の声に耳を傾けて、やってみたいパターンを試してみるとよいですよ~。

三軸操体1三軸操体2

最後までご覧いただきありがとうございます。

おススメの記事

  • 自律神経失調症のメンタルケア‐自覚法と鏡の法則 自律神経失調症のメンタルケア‐自覚法と鏡の法則  鏡の法則 月をみて、美しいと感じたり、あるいは悲しいと感じたり、想うことは一人一人異なります。これは、月が美しいのでもなく、悲しいのでもなく、自分の心が美しく、そして悲しいのです。   外にみる世界は、自分の心の映しなのです。   人間は、目で見たものを過去の経験からくる価値観から判断したり、そのときの感情を投影したりしています。 […]
  • 「横須賀整体の整体方法・色と空その2 治そうとしないこと」「横須賀整体の整体方法・色と空その2 治そうとしないこと」 宇宙はすべて振動する波動でできているそうです。明らかに物質としてリアルに感じる肉体でさえ、波動だということなのです。これは現代の最先端の物理学者らもそういっていますので、おそらく間違いないと考えます。   これについては私は、まだ本当には腑に落ちていないのですが、整体をやっているとそのように解釈したほうが、説明がつく現象によく出くわしますし、肉体を細かく […]
  • 「立つと踵が痛い症状の原因」足底筋膜炎・足首の不調のストレッチの方法「立つと踵が痛い症状の原因」足底筋膜炎・足首の不調のストレッチの方法 踵の痛みと足底筋膜炎 かかとを床につくと痛むことがあります。特に朝の起きがけは足がつけないぐらいのときもあるようです。この症状は、足底筋やふくらはぎの筋肉の過緊張などが原因の一つと考えられます。 足底筋群は、ランニングやダンスなどでオーバーユースすることで、炎症を起こすことがあります。それがいわゆる足底筋膜炎で足のアーチが下降している偏平足に特に起こりやすいよ […]
  • 便秘などの内臓の不調も腰痛の原因となります。便秘などの内臓の不調も腰痛の原因となります。 腰痛の原因には、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊椎分離症など骨の変性がみられるもの、筋膜性腰痛などの骨の変性まではいっていないもの(整形外科の検査では原因不明となります)がありますが、その他に内臓の不調による腰痛も原因として考えられます。   便秘も腰痛の原因 女性に多い便秘症では、腸内に便がたまることと便より発生するガスにより大腸が膨満しますの […]
  • 「曲げ伸ばしで痛む右膝の改善例」「曲げ伸ばしで痛む右膝の改善例」 横須賀整体スタジオの岡田です。 膝の痛みでご来院のお客様の声を頂きました。 お住まいは韓国です。今までで一番遠方のお客様になります。インターネットのお蔭で、当院のサブサイト「膝の痛みを自分で治す」にたどり着いたそうです。 中島淳子様 53才 まっすぐにのばせなかった足(膝)が気がついたらのびていました。 頭のゆがみを正してもらうと […]
  • 「膝の内側の痛みの改善例」横須賀整体の口コミ・お客様の声6「膝の内側の痛みの改善例」横須賀整体の口コミ・お客様の声6 膝の内側の痛みは軟骨のすり減り?! 膝の内側痛は、軟骨のすり減りが原因かと思われる方も多くいらっしゃいますが、実は筋膜の歪みや筋肉のこわばりなどであることがほとんどです。 「スポーツのときに受傷した」などのはっきりした原因がある場合は、半月板損傷なども疑われますので、一度、整形外科の受診をおススメいたします。 思い当たる原因がなく、何となくあった膝の内側の違和感 […]
LINEで送る
Pocket

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です